糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

1.食べ過ぎのアフター

糖質制限食をしているのに、炭水化物を食べ過ぎてしまうこともあります。旅行先でふと頂いたデザートが美味しすぎたり、痛飲して締めのラーメンを食べてしまったり、などです。
糖質を摂り過ぎてしまった後に、できることはないでしょうか。

 

2.食べ放題にいく

炭水化物を食べ過ぎてしまったのは、「お腹いっぱい食べたい」という、気持ちや身体のサインかも知れません。
糖質制限食では、食事の量に制限はありませんので、お腹いっぱい食べても大丈夫です。ただし、肉・魚・野菜・卵・チーズなどです。
炭水化物を食べ過ぎてしまった後は、糖質制限食にすることができる食べ放題に行ってみましょう。

 

3.お勧めの食べ放題

(1)ビュッフェ・レストラン[洋食・和食]

ホテルのビュッフェ

 ホテルに宿泊したとき、朝食は食べ放題ではなかったでしょうか。自分で料理を選び、お皿に盛りつけて、テーブルでいただくスタイルです。
こんなビュッフェスタイルのプランは、ランチやディナーでもあります。少々ご予算が必要ですが、ランチなど、居酒屋にいくよりは少し高いぐらいのホテルもあります。ビュッフェでは、肉、魚、卵料理は定番なので、お腹いっぱい召し上がって下さい。サラダも色々なドレッシングを楽しめます。

 

こんなビュッフェでは、デザートが小さくカットされているので、食後に少しぐらいでしたら、良いのではないでしょうか。

 

レストラン

「ビュッフェ」「バイキング」などで、レストランを探してみて下さい。
ホテルが百貨店のレストラン・ゾーンに出店している場合もあります。
「ひな野」などのレストランは、食べ放題で、和食もあり、食材にも工夫があります。お野菜を色々な料理でいただくことができます。
スイーツの食べ放題のお店は、他の食材も炭水化物比率が高いので、メニューを調べてからお店を選ぶようにしてください。
ご近所に、良いお店があると良いですね。

 

(2)しゃぶしゃぶ・焼き肉・海鮮

 お肉がお好きな方は、しゃぶしゃぶの食べ放題も良いでしょう。ご飯やうどんは無しにして、ひたすらお肉をいただき、ときどき野菜も楽しんで下さい。焼き肉もいいですね。
 お刺身や海鮮焼きが食べ放題のお店もあります。お魚好きの方は、探してみましょう。
 炭水化物なしでも、十分な満腹感を得られます。

 

(3)中華料理

中華料理の食べ放題もあります。横浜中華街でも増えてきています。ただ、中華料理は、味付けで砂糖が使われていることが多いので、なかなか難しいです。また、とろみのあるたれは、片栗粉などのでんぷんなので、予想外に炭水化物が多く含まれています。
炭水化物のより分けに自信がなければ、洋食・和食・しゃぶしゃぶ・焼き肉など、食材のわかりやすい食べ放題にしましょう。

 

中華料理の食べ放題でお勧めなのは、棒々鶏(バンバンジー)、から揚げ、青椒肉絲(チンジャオ・ロースー)、回鍋肉(ホイコーロー)、鶏肉とカシューナッツ炒め、海鮮炒めなどです。

 

気をつけたいのは、八宝菜・麻婆豆腐・海老チリなどとろみ、餃子・春巻き・小籠包などの皮、豚の角煮・牛肉のオイスター炒めの甘みなどです。特に、低価格の食べ放題店では、早めに満腹感を感じさせるために砂糖を多用している可能性もありますので、気をつけて下さい。

 

(4)食べ放題のアフター

食べ放題で食べ過ぎた後は、その次の食事を軽めにするか、または抜いてみて下さい。食べ放題の後、次の食事の時間に空腹感がなければ、その機会に一日二食を経験してみるのも良いです。糖質制限食にして、一日二食になったという方は多いです。
炭水化物の食べ過ぎでは、低血糖になるので、次の食事を抜くことができません。しかし、糖質制限食の食べ過ぎは、次の食事を抜くことができるのです。

 

4.連続して食べ過ぎない

炭水化物を食べ過ぎてしまっても、ビールを飲み過ぎてしまっても、1度なら大丈夫です。例えば、それだけで体重が3 kg増えることはありません。
しかし、1週間連続して食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうと、食生活も、味覚も、体調も変化してしまいますし、体脂肪も増加します。炭水化物を食べ過ぎてしまうのは、1度なら大丈夫なので、早めに切り上げるようにしましょう。手帳をとりだして、炭水化物を食べ過ぎた日・飲み過ぎた日に、特別なマークを付けても良いでしょう。

 

糖質の少ないお酒で何が自分にあうかは、研究してみましょう。

 

※参考記事
糖質制限食ダイエットとお酒

 

5.運動する。

 炭水化物を食べ過ぎてしまったら、体脂肪が増加しています。その体脂肪をすぐに減らしたいときには、身体を動かすのが良いです。
 例えば、糖質制限食の食べ放題に行く前に、1時間程度のお散歩をしてみましょう。食べ放題への気持ちが盛り上がりますし、体脂肪も減ります。
 ただ、糖質制限食は、運動をしなくとも体脂肪が減る食事なので、苦手な方は無理に運動しなくとも大丈夫です。
 体脂肪を減らすだけでなく、筋肉を維持し増やしたい方は運動をした方が良いです。糖質制限食は体脂肪を減らしますが、筋肉を増やすという報告はありません。運動をして筋肉に負荷をかけることが必要です。

 

6.最後に

たまに、炭水化物を食べ過ぎてしまっても、たまにであれば大丈夫です。糖質制限食を始めた後、食べ放題に何回かいってみると、「炭水化物を食べたい」という発想がなくなり「食べ放題にいきたい」に変わります。
時々は食べ放題で、色々な料理を思いっきり、たくさん食べるのもいいでしょう。もちろん、ご自宅で食べきれないくらい肉・魚を用意して、自宅食べ放題にするのもよいと思います。
糖質制限食は、お腹いっぱいにしても大丈夫な食事法なので、食事の楽しみをなくさず、体質改善をして下さい。
炭水化物の食べ過ぎを反省するのではなく、「そうか、そんな食べたければ、食べ放題だ」と、明るく楽しく、糖質制限食で良い体調を手に入れて下さい。


スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入