糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

糖質制限に理想の牛肉?『グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)』

糖質制限では、たんぱく質やエネルギーの確保のためにお肉を一杯食べますね。

 

私もよく『いきなりステーキ』に行っています。(ゴールドカード特典でもらのうは、からだすこやか茶wではなく黒烏龍茶派)

 

ただ、牛肉にも色々と種類があって、特に身体によいとされている飼育方法の牛肉があります。

 

それが、グラスフェッドビーフ(Grass fed beef)です。

 

通常の牛は、穀物を飼料にして育てますが(グラインフェッドビーフといいます)、グラスフェッドビーフは、牧草を食べさせて育てます。そうすることで、穀物飼育牛に比べてオメガ3、カルチニン、共役リノール酸が2倍〜5倍含まれているそうです。

 

共役リノール酸は不飽和脂肪酸の一種で、肝機能の向上に役立つそうです。

 

それ以外にも鉄分や亜鉛、ビタミンなどが多く含まれています。

 

何より、赤身の味を楽しめるのがいいですね。私は粒マスタードをたっぷりつけて食べるのがお気に入りです。
いきなりステーキでも、ステーキソースは掛けず、塩と胡椒、たまにタバスコ派です。(美味しいよ!

 

楽天市場でもたくさん売っています。和牛より全然安いのもいいところ。
楽天市場でのグラスフェッドビーフの検索結果

 

グレインフェッドビーフとグラスフェッドビーフの食べ比べもしてみたいですね!
楽しんで糖質制限を続けていきましょう!

 

牛肉の各部位の糖質量は以下の記事から確認できます。
食材の糖質量一覧表


スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入