糖質制限食ダイエットに高くなりがちな食費を抑えましょう。

スポンサーリンク

糖質制限食ダイエット実践時の食費アップを抑える3つの方法

糖質制限食ダイエットを始めた人からよく聞く声として

 

『食費が高くなってしまったのでどうにか抑えたい』

 

というものがあります。

 

以下の3つを意識してもらうことで糖質制限食ダイエットにともなう食費アップは大分抑えられると思いますのでぜひお試しください。

 

 

1、材料費の安いものを様々な用途に使う。

鶏卵、おから、高野豆腐、豆もやしなどは、食べ応えがある上に糖質量が低く、コストパフォーマンスに優れた食材です。

 

 

2、まとめ買いをして材料費を落とす。

鶏肉や豚肉は、業務用スーパーなどで大きなパックのものを買うと、一般的なスーパーの20%〜30%程度は安く買うことが出来ます。

 

肉のハナマサ

 

 

業務スーパー(本当にこういう名前のお店なんです!)

 

 

OKストア

 

 

コストコ

 

 

メトロ

 

近くに業務用のスーパーがない方は、楽天市場などでまとめて買ってしまうのもいいかもしれません。

 

楽天市場の肉・肉加工品ランキング

 

 

3、たくさん食べすぎていないか見直す。

 

糖質制限食ダイエットでは、食事で血糖値が上がりにくい為、お腹がいっぱいになる感覚が得にくいことが特徴です。そのため、糖質制限食ダイエットをやっていない時と同じように、物理的にお腹(胃)がいっぱいになるまで、たくさん食べてしまう人がいます。

 

お腹が一杯と感じるまで食べる必要はないのです。

 

一度、自分が食べている量が多すぎないかを意識すると、自然と量が減り、食費も合わせて抑えられます。

 

 

(番外編)まとめて調理で食費に乗っかってくる光熱費を削減する。

 

ガスコンロの台所であればガス代が、IHの台所であれば電気代がかかっていると思います。
細かく材料を調理するのは非効率的ですので、まとめて調理して食費にかかる光熱費を削減しましょう。
例えば、青菜を茹でるのであれば一度のまとめて茹でて冷凍をしておく。
鶏肉を焼くにしても、余熱が残っているうちに焼くなど、抑えられるところはたくさんあります。

 

 

とはいえ、糖質制限食ダイエットは安価にお腹がいっぱい(血糖値が上がり満腹中枢が刺激される様に)になる炭水化物をなるべく摂取しない食事法ですので、ある程度の食費アップは健康のための必要コストと捉えることも必要かもしれません。

 



スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入