糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットは料理の味付けを工夫して成功

糖質制限食を始めたきっかけは雑誌を見て

雑誌などでも糖質制限ダイエットというのをよく見るようになって、とりあえず試してみようと思って始めてみました。

 

今までのダイエット法は、おかずを抜いたり特定のモノを食べ続けるものが多かったのですが、糖質制限ダイエットはご飯やパンなどの糖質を抜くものでした。

 

私がやってみた感想は、『意外と楽にダイエットできた』です。

 

満足感のあるおかずを普通に食べていいので、ダイエット食品や絶食のようなストレスを感じないのが良かったです。

 

食べることが好きなので、肉や魚などを抜くのはやっぱり辛くて、食べたい衝動に駆られてしまう事がありますが、ご飯やパンは私はそれほど抜いたからといって食べたいと思う事が少なかったので、余計に良かったのかもしれません。

 

糖質制限ダイエットの反省点とコツ

最初、失敗したなと思ったのは、濃い味付けのおかずや脂分の多いものを食べてしまうと、どうしてもバランスを取る為に、ご飯やパンといった糖質を多く含む主食が欲しくなってしまった事です。

 

途中から、そのような事を注意して料理の味付けをいつもよりも薄くしたり、糖質の少ない野菜などを加えた鍋やスープなどにすることで、ご飯などの主食がなくても、ストレス少なく続ける事ができました。糖質制限ダイエットの成功のコツかもしれません。

 

鍋には野菜はほうれん草やもやしなどを中心に入れて豚肉を加えて作ったり、きのこを中心としたものを食べたりしていました。

 

このような事をしばらく続けていると、目に見えて体重が下がっていったのでモチベーションは保ちやすかったです。

 

どうしてもご飯やパン、麺類などの主食を摂りたくなることもあったので、そういうときは、低糖質のパンや麺などを通販で買って利用していました。無理してストレスをためたり、ダイエットを失敗する可能性が上がるのであれば、大した金額でもないのでおススメだと思います。

 

(30代女性、Yさん)

 

≪おすすめ記事≫
糖質制限食の通販を実際に買って試してみました。(お菓子、スイーツ、パンなど)


スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入