糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

糖質制限に向いている鍋料理とは?

nabe

 

寒くなると食べたくなるのが鍋!

 

みんなでテーブルを囲んでワイワイ言いながら食べるのも楽しいですよね。

 

実は鍋料理には糖質制限に向いているものとそうでないものがあることはご存知でしたか?
糖質制限の向き不向き、おすすめの食べ方などを紹介していきます。

 

糖質制限に向いている鍋

鶏の水炊き


主な材料が鶏肉、白菜、きのこ、豆腐など、糖質が少ないものが中心であることに加えて、塩やポン酢など、糖質が少ない調味料で味付けをしていただくため、糖質量が少なくて済みます。締めにうどんやご飯での雑炊などを作ってしまうと、大量の糖質を摂ってしまうことになりますので、注意してくださいね。

 

常夜鍋


豚肉とほうれん草で作るシンプルな常夜鍋は、まさに糖質制限にピッタリの鍋料理。

 

作り人によって違いはありますが、最もシンプルな作り方は豚肉の薄切りとほうれん草をしゃぶしゃぶのようにサッと湯がいて、大根おろしとポン酢しょうゆでいただくものです。

 

ほうれん草のシュウ酸も、たっぷりのお湯で湯がくことで少し落とすことができます。
糖質として意識すべきなのはポン酢しょうゆくらいで、それも自家製で作れば更に抑えられます。

 

糖質制限に向いていない鍋

おでん


練り物が中心のおでんは、他の鍋に比べると糖質制限にはちょっと不向き。(コンビニなどで糖質の少ないものだけを数個選ぶ形であれば糖質制限にはぴったりです。ここでは主食としてまんべんなく食べるケースを想定しています。)

 

練り物って、糖質量が結構あるのです。もち巾着やじゃがいもも糖質はもちろん多め。
おでんが美味しい季節、たまに食べるのであれば良いですが、糖質量は少しだけ意識するようにしましょうね。

 

(おすすめ記事)
秋から冬にかけての糖質制限食ダイエットに最適にコンビニフードとは?

 

 

味噌モツ鍋


プリプリ感が美味しいもつ鍋ですが、ちょっとだけ気をつけましょう。
モツの糖質は問題ないのですが、実はもつ鍋に欠かせないキャベツの糖質量が結構多いのです。美味しく煮込まれたキャベツは、ボリュームもへり、どんどん食べられてしまうもの。また甘くこってりした味付けの調味料として使う味噌と砂糖にも糖質は多く含まれています。モツ鍋を食べるのであれば、なるべく味噌味でないものを、キャベツを食べる量に気をつけて食べるようにしましょう。

 

糖質量一覧表はこちらから
食材の糖質量一覧表

 

夜に鍋を食べる予定がある人は、昼間のうちに食物繊維をしっかり摂っておくと血糖値の急上昇を避けられるかもしれません。糖質スリムで賢く糖質制限を進めましょう。

 

糖質スリム


スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入