糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

BBQ(バーベキュー)が糖質制限食ダイエットに向いている3つの理由

みなさん、BBQ(バーベキュー)糖質制限食ダイエットに向いているということをご存知でしょうか?

 

BBQ(バーベキュー)は糖質制限ダイエットに向いている
Ari Helminen

 

理由1)BBQ(バーベキュー)は自分で食べるもの、飲むものを選べる。

 

糖質制限食ダイエットをしていて最も困るのは人と一緒に食事をする時、という人は多いのではないでしょうか?もちろん、何をどんな食べ方をするかはその人の自由ですが、それでもある程度TPOは意識したいもの。

 

BBQ(バーベキュー)のいいところは、自分で食べるもの・飲むものが選べるそのスタイルにあります。
糖質が多い食材は、そもそも選ばなくていいというわけですね。

 

お酒も、自分で糖質オフビールハイボールをリクエストしておけば気兼ねなく飲めますね。

 

理由2)BBQ(バーベキュー)に出てくる食材は糖質が少ないものが多い。

 

BBQ(バーベキュー)で出てくる食材をイメージしてみましょう。

 

お肉、海老、ほたて、玉ねぎ、ピーマン、ナス、ソーセージ、、、

 

肉、魚介類、直接網の上で焼ける野菜類が中心で、糖質量が少ないものが多いのが分かりますね。

 

>>様々な食材の糖質量の一覧はこちら
食材の糖質量一覧表

 

もちろん、玉ねぎやかぼちゃ、とうもろこしなど糖質量が多いものもBBQ(バーベキュー)には登場しますが、前述のようにそれは選ばなければいいだけのこと。

 

食べられるものが少ない、、、なんてことにはならないはずです。

 

理由3)昼は糖質を摂取しても影響が小さい。

BBQ(バーベキュー)をやるのは、一般的に昼間が多いと思います。

 

糖質制限食ダイエットでは、特に夜に糖質を多く摂取しないことが推奨されていますので、もしバーベキューのタレや食材、お酒なので糖質を摂取してしまったとしても比較的影響を小さく済ませることが出来るのです。

 

 

まとめ

 

糖質制限食ダイエットは、血糖値が急激に上がりやすい食べ物を制限する食事方法。そしてみんなが大好きなBBQ(バーベキュー)は、お肉や魚介類、野菜の3種類が中心で、しかも自分で食べたいものを選べるので、糖質制限食ダイエットにはもってこいなんです。

 

BBQ(バーベキュー)糖質制限食ダイエットに向いているのがお分かりいただけたでしょうか?
糖質制限食ダイエットに疲れているなんて方も、ぜひBBQ(バーベキュー)で思う存分食べてリフレッシュしてみてください。

 

もちろんお酒は、蒸留酒か糖質オフのものを選んで飲みましょう。

 

糖質制限食お酒に関する情報はこちら

 

>>糖質制限食ダイエットとお酒


スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入