糖質制限食(低糖質食)の基本ルールを理解して健康的にダイエット。

スポンサーリンク

糖質制限食という食文化

 

糖質制限食とは何でしょうか。私たちは、糖質制限食とは食文化であると考えています。糖質制限食の食文化としての特徴は、次の3点にまとめられます。

 

1.新しい食文化

糖質制限食は、20世紀末に発生し、21世紀初頭に浸透しつつある新しい食文化です。
糖質制限食は、地域・料理人・民族・歴史を限定しない自由な食文化です。
糖質制限食から感動を受けるのは、食事中ではありません。糖質制限食を取り入れた自分の体調から感動を受けるのです。

 

2.生活者がつくる食文化

地域や時代を代表する食文化は、伝統的な、または創作的な料理人が創り出し、食通が応援します。
糖質制限食は、生活者が食材を選ぶことで創り出す食文化です。料理人の創作性ではなく、食べる人の選択が重要なのです。
入院食・学校給食・刑務所で糖質制限食を実現することは極めて困難です。糖質制限食は、生活者が自由に食材を選ぶという食文化なので、食事の自由が確保されていなければなりません。

 

3.生活の質を高める食文化

糖質制限食は、食事中の一時的な快楽をもたらしません。糖質制限食は、総合的な生活の質を高め、肉体的・精神的な健康を維持する食文化なのです。
糖質制限食を継続すると、空腹感に支配されなくなります。疲れをほぐすように見えるニセモノの満腹感に、依存する必要がなくなります。素直で純粋な集中力を手にすることができます。
糖質制限食の食文化の中心は、味覚に快楽を与える芸術性や趣味性ではありません。糖質制限食の食文化の中心は、糖質制限食の愛好者自身の心地よい体調であり、生活の質なのです。

 

このように、糖質制限食を新しい食文化としてとらえてみましょう。それはダイエット法の一つではなく、体調を維持するために食材を自由に選ぶことなのです。食事に自由のない環境では、糖質制限食の維持が難しいです。まず、自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするところから、糖質制限食という新しい食文化を、体験してください。

 

糖質制限食を知らない他者との会話でも、他の食文化と並べながら、自分が糖質制限食という食文化の愛好者であることを伝えましょう。

 

「今日はお昼ご飯何にする?和食かな。イタリアンかな。定食とか」
「わたし、糖質制限食がいい」

 

この会話で伝わるようになるまで、あと何年かかるでしょうか。

 

糖質制限食の喜びは、その食事中や食事の直後ではなく、糖質制限食を継続する自分自身の体調にあります。これは、人々が、食文化に求めることが変化したことを示しています。
人々は、目前の快楽ではなく、長期的なよい体調に投資することができるほどに、成熟したのです。
そうです。糖質制限食という食文化は、味覚の快楽や趣味性よりも、長期的な生活の質の維持を重視します。つまり、糖質制限食は、成熟した本当の大人のための食文化なのです。

 



スポンサーリンク



TOP 食材の糖質量一覧表 実践!糖質制限パンの通販 実践!ソイドル購入